今日もヽ(`Д´)ノ ウワァァン日和
主にポーカー(テキサスホールデム)について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
ポーカーの記事
スランプに陥ると回復するのに時間が掛かります。。

さて、久しぶりにポーカーの記事です。
まとまりに欠けますがお赦しを。




プリフロップでは勝率の高いカードでの参加が望ましく
ポジションとこれまでに完了したアクションとこれから
起こり得るアクション、そしてPotサイズなどによって
調整されるわけですが、ボードと噛み合わなければAA
でさえ29のツーペアに負けます。


ハンドは通常、Suited と Off Suitに分類され、ペアは
必ずOff Suitになりますがそれらとは分けて考えられます。

つまり、ペア系とフラッシュ系とそれ以外の3つです。

その他にストレートを意識したコネクターやギャップ
という分類があります。


ボードは、ペアがあればQuadsがナッツでBoatの可能性
が出てきます。
ペアが無くて3枚フラッシュ以上ならフラッシュがナッツ
になります。
ペア無し、3枚フラッシュ無しでランクがある程度連続
していればストレートがナッツになります。
ラグボードではSetがナッツになります。

つまり、ストレートがナッツのボードが存在する以上
それを狙わない手は無いわけです。

しかし、67oのストレート完成確率が高いとはいえ
初心者にそれで参加を勧めるのは難しいような気が
します。この辺はすっぱり切り捨てた方が良いの
かもしれません。


さて、フロップについて考えたことの副産物です。
フロップ時点で全ての役が完成する可能性があります。
(もちろん、ホールカードが分かっていればそれに
よって可能性は制限されます)
そして、フロップ時点でAハイストレートフラッシュ
つまりロイヤルが完成していない限り、ドローアウト
される可能性はゼロになりません。

フロップ時点で役が出来ていることは良いことです。
以下にそれぞれの大きなパターンを分類します。
(具体例を網羅しようとすると嵌ります。。w)

1.ワンペア
A.ホールカードが1枚ヒット
B.ポケットペアによるワンペア

2.ツーペア
A.ホールカードが2枚ともヒット
B.フロップにペアがあり、ポケットペア
C.フロップにペアがあり、ペアでないカードにヒット

3.Trips
A.ボードTrips
B.ボードペアにヒット
C.ポケットペアがヒット。いわゆるSet

4.ストレート
A.ランクが5連続

5.フラッシュ
A.3枚フラッシュでSuited

6.フルハウス
A.フロップTripsとポケットペア
B.フロップペアともう一枚にそれぞれヒット
C.フロップペアでないカードとSet

7.Quads
A.フロップTripsにヒット
B.フロップペアにポケットペアがヒット

8.ストフラ
A.3枚フラッシュ+Suited+5連続


とまあ、厳密には完成した役名だけで無く、その
構造も考えると良いのかも知れませんが、その有無
でどのくらいの差が出るかは分かりません。。
この辺りを考えてたら嵌りました。。w

それぞれ、全ての成立条件を書いていませんが、
拘束条件や排他的な条件があります。

なかなか客観的な裏づけを取るのは難しいです。
スポンサーサイト
【2008/05/08 23:39】 確率 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uwaaan.blog18.fc2.com/tb.php/449-9edda9f3
広告(07/06)
逆効果現象(06/04)
ヽ(`Д´)ノ (06/02)
まふー (06/01)
ヽ(`Д´)ノ (07/01)
まふー (06/26)
ヽ(`Д´)ノ (03/15)
ヽ(`Д´)ノ (03/12)
トリオ (03/11)
03 | 201704 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。