今日もヽ(`Д´)ノ ウワァァン日和
主にポーカー(テキサスホールデム)について。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
オマハ ハイ
エベレストポーカーにオマハが導入されて10日ほど。
ちょっとオマハについて考えてみました。
(そういえば昔のバージョンでは、タブだけはありましたねw)
まだフリーゲームしかプレーしたことがありませんが、テキサスホールデム
とはまた違った面白さがあります。

最も戸惑うのは、ホールカードが4枚配られてその内2枚を必ず
使うことです。
この組み合わせは6通りです。( 4C2 = 6)

ここで推測できることは、ホールカードでひとつの種類が過剰になると
不利になる点です。
極端な例ですが「AAAA」はかなり勝率が低いハンドです。
(遭遇したらスクリーンショットをぜひ!)

つまり、同質の組み合わせが少ない方が有利と思われます。
同じランク、同じスーツが過剰だと、アウツが減ります。

同じランクは2枚まで、スートも2枚まで、例えば、AsKsAdKdは
強そうですね。




同質のカードが多いとどのくらい不利になるか?
4C2 = 6
3C2 = 3
2C2 = 1
一枚減るだけで半分です。
実際は、どの役に有利なカードが多いかで違いがあるはずですが、
傾向としては十分でしょう。




オマハのホールカードの種類は多いです!
テキサスホールデムで1326種類。
これがオマハでは270,725(27万)通りもあります。

ただ、テキサスでも同質のハンドでまとめると169通りなので、オマハ
でも同様でしょう。
それでも多いでしょうね。。




フロップ、ターン、リバーの各段階で、いくつのハンドができるか?
テキサスでは
5C5 = 1
6C5 = 6
7C5 = 21
です。

オマハでは
4C2 = 6は固定として
3C3 = 1・・・1*6 = 6
4C3 = 4・・・4*6 = 24
5C3 = 10・・・10*6 = 60
となります。
ここでもホールカードに同質のカードが過剰にあると不利になることが
分かります。
スポンサーサイト

【2007/11/25 15:11】 ポーカールーム | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uwaaan.blog18.fc2.com/tb.php/439-ef3dbd8b
広告(07/06)
逆効果現象(06/04)
ヽ(`Д´)ノ (06/02)
まふー (06/01)
ヽ(`Д´)ノ (07/01)
まふー (06/26)
ヽ(`Д´)ノ (03/15)
ヽ(`Д´)ノ (03/12)
トリオ (03/11)
09 | 201710 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。